カナガンドッグフードとオリジンの原材料の比較

カナガンドッグフードとオリジンの原材料の比較してみました

カナガンドッグフードとオリジン、どちらも愛犬家から高評価を得ているドッグフードです。

 

カナガンもオリジンも穀物を原材料として使っていない、グレインフリーになっています。

 

毎日の食事で愛犬の内臓に負担をかけたくない、穀物アレルギーがあるからグレインフリーのものを選びたいという飼い主さんから根強い支持を得ています。

 

二つの大きな違いは、主な原材料として何が使われているかです。

 

カナガンはチキン、オリジンはチキンや七面鳥、ウォールアイ、サーモンが原材料です。犬の体に必要なこれらの肉類は、全て人間が口にしても安心・安全な最高品質のものが使われています。

 


トイプードルのドッグフード

 

カナガンもオリジンもニンジンやホウレンソウなどの野菜、ビタミン、ミネラルが原材料として使われていますが、カナガンにはコンドロイチンやグルコサミンなどの関節ケアが出来る原材料が含まれています。

 

関節ケアを考える場合は、カナガンドッグフードが良さそうです。

 

カナガンドッグフードとオリジンの成分の比較

 

どちらも最高品質と言われるだけあって、高タンパク、低炭水化物な構成になっています。

 

カナガンは33%、オリジンは38%のタンパク質が、脂質はカナガンが17%、オリジンが18%以上となっています。

 

タンパク質はオリジンの方が豊富に含まれていますが、脂質はカナガンの方が少ないので、肥満予防や肥満傾向の愛犬にはカナガンのドッグフードが良いでしょう。

 

どちらも栄養バランスが取れているため、毎日の食事で健康な体を作りたいという飼い主さんにぴったりなドッグフードです。

 


トイプードルのドッグフード

 

カナガンドッグフードとオリジンの比較まとめ

 

どちらのドッグフードも添加物が使われていなかったり、原材料や成分が明記されていたりと、食べさせるものにこだわりたい飼い主さんのニーズを満たしてくれる最高のトイプードルのドッグフードです。

 

どちらのドッグフードが良いのか決めかねる場合は、愛犬の好みで決めるのも良いでしょう。

 

主な原材料の違いがありますので、チキンが好きか、チキン以外のドッグフードに食いつきが良いか、普段の食事の好みを考えてあげてください。

 

あとは、長く食べさせるものですので、年老いていっても体に負担をかけないドッグフードという選び方も大切です。

 

肥満は病気のリスクを高めてしまいます。高タンパク、低炭水化物はもちろん、低脂肪であることもこだわりたいですね。

 

低脂肪という点に注目すると、カナガンドッグフードの方が優れています。

 


トイプードルのドッグフード