トイプードルの一日の食事量や食事回数

トイプードルの食事量に関する管理方法

トイプードルに必要な一日の食事量と回数は?

 

犬と一緒に暮らし始めると、食事に関する疑問が多く湧いてきます。

 

一日にどれくらいの量ごはんをあげるのか?何回あげるのか?何をあげるのか?など。

 

一日に必要な食事量は犬の体重によって変わります。ドッグフードをあげているのであれば、パッケージに記載された目安に従ってあげるようにしましょう。

 

トイプードルのドッグフードを与える回数ですが、これも犬の年齢によって変わってきます。生後3カ月までは一日4食、半年までは3食、それ以降は一日2食がベストです。

 

ただ、その犬によって体質がありますので、愛犬の体質に合わせた食事のあげ方を考えると良いでしょう。

 

人間と同様にごはんのあげ過ぎは肥満に繋がりますので、その点は注意が必要です。

 

トイプードルの一回の食事量はどのくらい?

 

標準的なトイプードルの食事量は、生後半年までは約130g、成犬は70?120g、老犬は50?100gです。

 

老犬といってもこれも個人差がありますが、10歳を超えてからは愛犬の食事の食いつきや体調を見ながら決めると良いでしょう。

 

欲しがるからと沢山食事を与えていると、肥満にも繋がりますし、胃拡張になる恐れもあるので注意が必要です。

 

胃拡張は食べ過ぎが原因で引き起こされる病気で、胃の中にガスと液体がたまることで発症します。

 

一回の食事量を与えすぎなければ防げますので、食事量はしっかり配慮してください。

 

子犬の頃の食事量でその犬の骨格も決まりますので、欲しがるだけあげているとトイプードルのはずなのに大きく育ってしまった…なんてこともあるかもしれません。

 


トイプードルのドッグフードのおすすめは?

 

食事と食事の間に吐いてしまうトイプードルの食事量はどうする?

 

一日2食で、朝と夜のごはんの間隔が開きすぎてしまうと、黄色がかった泡のようなものを吐いてしまうことがあります。

 

体の小さな小型犬に多く見られることなのですが、病気ではないので大丈夫です。

 

これは胃液で、空腹時間が長いことにより吐いてしまいます。食事と食事時間の間隔を短くするか、一回の食事量を減らして回数を増やすか調整するようにしましょう。

 

ただ、仕事をしていたり、一人暮らしだったりで普段一日3食与えることが出来ない場合ですが、休みの日だけ一日3食にする等の『日によってごはんをあげる回数を変える』のは止めましょう。

 

犬の体に負担がかかってしまいますから。毎日同じペースで犬の体と飼い主さんの生活ペースに合わせて、食事量や回数を調整すると良いでしょう。

 


トイプードルのドッグフードのおすすめは?