トイプードルのドッグフードならこれ!!

トイプードルのドッグフード選びで重要なポイントは原材料です

トイプードルのドッグフードを選ぶ時には、フードの原料が新鮮なものかどうか、またドッグフード自体がフレッシュかどうかにもこだわりましょう。

 

ドッグフードを選ぶ時は「原料」にこだわるべし!

 

まず、トイプードルが食べるフードも、人間の食べるフードと同じで、原料によってどれだけの栄養が摂れるものになるか、味、匂いなどが変わってきます。

 

ですから、フード選びでは原料にもこだわりのあるものでなければなりません。

 

チキンなどの肉を含む場合でも、単純に肉というのではなく、「フレッシュ・新鮮」で、厳選されたものでなければなりません。

 

また野菜を含む場合でも、新鮮な採れたての野菜が使用されるのと、そうでないのとでは、同じように作ったフードでも栄養素の量に差が出ます。

 

原料にこだわっているフードを選べば、トイプードルにとって必要な栄養をしっかり摂取できるので、長寿や健康維持につながります。

 


トイプードルのドッグフードのおすすめは?

 

トイプードルのドッグフード選びは特に「新鮮さ」が大事!

 

このように新鮮さが大事なフードですが、実は輸入などに時間がかかっていて、その間にどんどん新鮮さ・フレッシュさが失われていきます。

 

かといって国内産のフードは、ペットのことに関して進んでいる欧米からは後れをとっており、本当にトイプードルの為になるバランスで配合されたフードを手に入れにくい状態です。

 

その為、理想としては海外の安心安全なフードを直輸入して最短時間で手元に届く方法で手に入れることです。

 

そうすればフレッシュさをなるべく失わずに理想的なドッグフードを手に入れられます。酸化したりしてしまうと、フードは酸っぱくなり、神経質なトイプードルの食欲不振にもつながります。

 

海外のオーガニックフードを購入する際は、なるべく産地から直輸入のものを選びましょう。

 


トイプードルのドッグフードのおすすめは?

 

新鮮さに関しては海外製品のほうが日本製よりいい?

 

ドッグフードへの認識が日本と海外では異なり、ペット業界も日本のほうが遅れをとっているのは事実です。

 

プードルのような血統書付きの小型犬種は、丁寧に扱わなければ死んでしまったりすぐに病気になってしまうこともあります。

 

ペットは家族であり、食べる物にも気を遣ってあげるのが普通と感じている海外と、まだまだ人間よりも格下として扱う日本とでは、犬への感覚が違います。

 

それに伴い、ペットフードの市場も海外のほうが競争が激しく、より良いものが手に入る傾向があるのです。

 

ですから、現段階では国産のフードよりも海外製のものを手に入れたほうが、犬にとって良いものを与えられる場合が多いのです。

 


トイプードルのドッグフードのおすすめは?