トイプードルのドッグフードならこれ!!

長生きにおすすめのドッグフード「Dr,ケアワン」

 

長く元気に過ごせることを目標にしたおすすめドッグフード

 

自宅の愛犬が年齢を重ねていわゆるシニア犬になっている家庭も多いでしょう。

 

シニア犬になると少しでも健康寿命を長くしたいと思うはずです。

 

そのような人におすすめのドッグフードとして、Drケアワンがあります。

 

Drケアワンは動物の栄養学博士の監修によって作られています。

 


トイプードルのおすすめドッグフード

 

 

専門家のアドバイスを受けながら商品開発しているので、安心して与えられるでしょう。

 

シニア犬になると、若いころのように健康を維持するのが難しくなります。

 

免疫力が低下したり、アレルギー症状を呈したりする可能性があります。

 

そのほかにも体毛がごわついた感じになっているなど、毛並みに以前のようなツヤが失われていませんか?もしくは皮膚が乾燥していて、かゆがっていることはないですか?

 

体臭や便のにおいがかつてと比較すると悪化していることはありませんか?

 

さらには段差や階段が足元のふらつきによってうまく上ることができない、このような症状の場合、Drケアワンを与えるのがおすすめです。

 

上で紹介した症状は老化現象である可能性が高いです。

 

しかしその一方で、栄養不足によって上の症状を引き起こしている可能性も考えられます。

 

Drケアワンの場合、ワンちゃんにとって必要な栄養分がきちんと配合されています。

 

ですから症状の緩和の可能性も十分期待できるわけです。

 


トイプードルのおすすめドッグフード

 

 

低カロリーでシニア犬におすすめ

 

同じワンちゃんでもライフステージによって、必要とされるカロリー・栄養分は微妙に異なります。

 

シニア犬の場合、若いころのようにあまり動かなくなるでしょう。

 

運動量が低下すれば、必要なカロリーも若いころと比較すると少なくても問題ありません。

 

むしろ高カロリーな食事を与えてしまうと、肥満や生活習慣病のリスクはむしろ高まります。

 

Drケアワンがワンちゃんを長生きさせるのにおすすめの理由は、低カロリーになっているからです。

 

まず主原料として鶏肉を使っています。

 

鶏肉はほかのお肉と比較すると、低脂肪・低カロリーです。

 

しかもワンちゃんにとって必要なたんぱく質は多く含まれているので、シニア犬にもってこいです。

 

チキンにはアミノ酸がバランス良く配合されています。

 

その中には必須アミノ酸の一種であるトリプトファンが含まれています。

 

トリプトファンにはストレス軽減効果が期待できます。

 

そのほかにもコラーゲンが豊富に含まれています。

 

健康な皮膚を作り出すのに欠かせない栄養分です。

 

さらに鶏肉はワンちゃんにとって好物である可能性が高いです。

 

ドッグフードを探すにあたって、食いつきが気になるという人も多いでしょう。

 

鶏肉はワンちゃんの好みなので、えさを変えてもすぐに食べてくれる可能性は高いです。

 


トイプードルのおすすめドッグフード

 

 

3種類の抗酸化成分が配合されているドッグフード

 

シニア犬になると、どうしても免疫力がダウンしてしまいます。

 

その結果、病気などにかかりやすくなり健康を害するリスクも高まります。

 

Drケアワンが人気である理由は、免疫力を高める効果の期待できる抗酸化成分が豊富に配合されているドッグフードだからです。

 

ワンちゃんの体内に活性酸素が多くあるとさび付いてきて、健康を害する可能性が出てきます。

 

抗酸化成分は活性酸素の除去効果がありますので、体のさび付きを予防して、いつまでも健康的に生活できる可能性が高まります。

 

Drケアワンには実に3種類もの抗酸化成分が配合されています。

 

まずはポリフェノールです。

 

ポリフェノールはビタミンEやビタミンCなどと組み合わさることで、脂質の酸化をより強力に防ぐ効果が期待できます。

 

DrケアワンにはそのビタミンEも配合されています。

 

ポリフェノールとの相乗効果のほかにも、細胞膜のダメージから守り、病気などの健康上のトラブルの予防効果もあります。

 

最後の抗酸化成分として、アントシアニンがあります。

 

ブルーベリーの主成分といわれていて、目の健康を維持するなどアンチエイジング効果が期待できます。

 


トイプードルのおすすめドッグフード

 

 

関節機能への低下防止も

 

シニア犬になると私たち人間同様、関節痛にかかりやすくなります。

 

Drケアワンには関節機能の低下対策のある成分が含まれています。

 

Drケアワンにはグルコサミンやコンドロイチンが含まれています。

 

グルコサミンにはプロテオグリカンという軟骨の主成分を作り出す働きがあります。

 

コンドロイチンには、軟骨の弾力を高めて動いたときにクッション作用を果たす役割があります。

 

Drケアワンには1kg当たりグルコサミン1000mg・コンドロイチン500mgが配合されています。

 

自宅のワンちゃんが以前と比較すると横になっていることが多くなった、散歩に行きたがらなくなったということはありませんか?

 

また歩いているときに足を引きずる、地面にしっかり足をつけなくなったといったことはないですか?そのような場合、関節に何らかの問題を抱えている可能性が考えられます。

 

Drケアワンを食べさせて、コンドロイチンやグルコサミンをしっかり摂取させるといいです。

 


トイプードルのおすすめドッグフード