トイプードルのドッグフードならこれ!!

トイプードル向けのドッグフードでおすすめなカナガンとオリジンの比較

トイプードル向けのドッグフード選びを検討する場合に、比較的人気が高いカナガンとオリジンを比較してみました。

 

どのドッグフードがトイプードルの健康維持に最適なドッグフードなのかを解説します。

 

参考にしてください。

 

カナガンドッグフードとオリジンの原材料の比較

 

ヒューマングレードで世界一との呼び声の高いカナガンドッグフードとオリジン、どちらが我が家の愛犬に好ましいか悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

二つはグレインフリーであったり、添加物無添加であったりと共通点が多いです。

 

大きな違いは原材料で、カナガンはチキン、オリジンはチキンとサーモン、ビーフが使われています。

 

カナガンには食物繊維が豊富なサツマイモが、オリジンには数種類の野菜が配合されています。

 

天然の甘味となるサツマイモは、愛犬の食いつきを良くしてくれるため、食の細い子でもごはんをしっかり食べてくれると評判です。

 

オリジンは肉類80%、野菜と果物20%、穀物0%という独自の比率で犬の体に適した栄養バランスになるよう考えて原材料が選ばれています。

 


トイプードルのドッグフード

 

カナガンドッグフードとオリジンの成分の比較

 

カナガンドッグフードとオリジンの成分比較も、甲乙つけがたい構成となっています。

 

タンパク質はカナガンが33%、オリジンが38%以上です。より高タンパクな食事を与えたい場合はオリジンの方が良いですね。

 

ただ、脂質で比べるとカナガンが17%、オリジンが20%以上となります。

 

人間と同様犬の体も年々代謝が悪くなっていきますので、出来る限り脂質を抑えた食事を与え、肥満予防に努めたいものです。

 

被毛や皮膚を美しく保つためのオメガ脂肪酸はどちらもほぼ同量含まれていますので、どちらを選んでも被毛ケアと皮膚ケアには有効です。

 

長く食べさせることを考えるなら、カナガンの方がトータルでは優れているでしょう。

 

カナガンドッグフードとオリジンの比較まとめ

 

カナガンドッグフードとオリジン、どちらも最高品質のドッグフードであることに間違いはありません。

 

愛犬のどのような部分を気にしながらドッグフードを選ぶかで、カナガンを食べさせるべきかオリジンを与えるべきかはっきりします。

 

ただし、この二つのドッグフードは原材料や成分で比較してもよく似ているため、最終的に決めかねる場合は価格で比較するのも良いでしょう。

 

毎日あげるものですので、犬の一生を考えるとどちらも安いドッグフードではありません。

 

ですが、コスパを考えるならカナガンの方が少々安く購入することが出来ます。カナガンは2キロで3960円、定期購入だと3564円で、オリジンは2.27キロで6156円です。

 

安心・安全、健康な体を作るドッグフードでも、家計を圧迫せずに続けられるのはカナガンドッグフードです。

 


トイプードルのドッグフード